1. HOME
  2. MEMBER
  3. センター長 重松 象平これまでの建築家像を越えて。

センター長 重松 象平
これまでの建築家像を越えて。

MEMBER
Professor Architect
SHOHEI SHIGEMATSU

センター長重松 象平

これまでの
建築家像を越えて。

私たちは今、かつてないほどの激しい変化の真っただ中にいます。COVID-19が引き起こしたパンデミックはこれまでの都市、建築、生活様式の常識をあっという間にひっくり返し、私たちは今を生きるために一刻も早くこの変化に適応することが求められています。 “環境”と“社会実装”をテーマにしたBeCATでは、世の中に敏感に反応し、建築を越えて社会のプログラム自体、社会のフレームワーク自体を提案できる、新しい建築家像を学生達と共に探っていきたいと考えています。
PROFILE

建築家/OMAのパートナーおよびニューヨーク事務所代表/2021年九州大学大学院特任教授着任予定
1973年福岡県生まれ。九州大学工学部建築学科卒業後、1998年よりOMAに所属し、2008年パートナー就任。ハーバート大学GSD, コロンビア大学GSAPPなどで客員教授を歴任。

Tenjin Business Center
YEAR : 2021
LOCATION : FUKUOKA, JAPAN
Pierre Lassonde Pavilion
YEAR : 2016
LOCATION : Québec, CANADA
Pierre Lassonde Pavilion
Facebook Willow Campus
YEAR : –
LOCATION : Menlo Park, CA, USA

OTHER MEMBER

RELATED ARTICLE